2015.5.9.潮来

掛かった瞬間はビッグワンとドキドキするんだけど、すぐに「ムゥ、引きが強すぎる」となってしまうのだった。
ゴールデンウイークは体調が優れず、思ったような釣りができなかった。あまり動かず、静養に努めていたため体のほうも大分回復し、久しぶりの水郷出撃である。

今年になってから水郷バスを釣っていないため、様子が全然分からない。どアフターなのか、回復気味なのか、それとも、もう回復してビンビンなのか。

とりあえず、回復を期待して北利根川から入る。マークIIからヒゲ水門。何を投げてもアタリはない。バスのアタリは…。
ヒゲのアタリはありますよ。かすかなアタリをバシッとアワセると、ギュギュギューンってね。テキサスやネコでいい引きを楽しめましたよ。
これが今年の水郷初バス。アフター君なので、パワーは弱かった。
北利根を諦めてバイブレーションポイントに行こうとしてた所にトモが登場。一緒にバイPへ。岸際をスピナーベイトで探るつもりだったが先行者があり、さらに狙っていたピンスポットには雑巾を洗っているオジサンがいたため、とりあえずネコで時間潰し。と、ギュンとラインが走った。ドババババ。そのバスを見て、トモが「デカイ」、僕が「小せェ」。さて、どっちだ?

40センチちょい。デカかった。さっきまでヒゲを釣っていた僕には小さく見えただけだった。しかし、ヨレヨレのアフター君ですな〜。

この後、与田浦で釣ったバスもアフターで、やはり引きにパワーがなかった。そこで、季節の進行が早いと思われる水路を攻めてみることにした。


続きへ  2015年の釣り一覧へ トップへ


長島川のオダで反応があったとトモに教えてもらったので、与田浦のオダもイケるだろうと攻めてみた。すると、ネコにかなりデカイのが食ってきた。しかし、オダに潜り込まれてジ・エンド。続いて、オダの沖側にダウンショットを沈めると、ゴクンとヒット。コイツはパワーがなく、簡単にオダの中から引きずり出せた。
inserted by FC2 system