2015.5.30.潮来

鹿島線の下に車を止めて、北利根川に出てみる。思っていたより風が強い。波がダバダバいっていて、ちょっとトップは効きそうにない。クランクを投げてみるが反応はなし。

ヒゲ水門に移動。ここなら水深があるから何とかなるだろう。ネコを入れてみる。すると、かすかに重くなるバイトがあってレギュラーバスが釣れてきた。予想通りの展開だ。

ここで、ふと携帯を見ると、ヒサシからメールが来ていた。「昼はうなせんですか?」。ウナギの誘いである。それはいいとして、あの腹黒い男が出撃して来ているのか。アイツならたぶんスペシャルピンスポットとかいう場所を攻めるだろう。それも朝早い時間に。そうだ、ヤツより先にスペシャルピンスポットを撃って荒らしておいてやろう。

スペシャルピンスポットへ急行する。しかし……ウッ、誰かいる! あっ、腹黒い男だ! ガッカリである。さすがは腹黒い男。先回りに関しては僕の及ぶところではない。

それでもスペシャルピンスポットで、僕が1匹釣り上げると、ヒサシの顔色が変わった。また黒い障気が吹き出すのか。いや、そうではなかった。不思議なことに釣れる場所に連れて行ってくれるというのだ。

長島川。前日に反応があったエリアだそうだ。早速、ネコでマジ撃ちしてみる。しかし、何も起こらない。ヒサシが解説してくれた。「あれだけいた魚が、こつ然と消えた!」。ダメじゃねェか。まさか僕に釣らせないために、ダメなエリアへ連れて行ってるんじゃないだろうな?
続きへ  2015年の釣り一覧へ  トップへ
トップ、クランク、スピナベで反応がなく、仕方なしにネコを投入。すると簡単に釣れてきた。 ヒサシの目の前で。根掛りかと思って引っ張ったら、木がバスに化けていた。 こつ然と消えた? おい、まさか腹黒ガイドじゃないだろうな?
inserted by FC2 system