2015.6.6.潮来

この日は雨だったためカメラを持ち歩けなかった。昔のデジカメは防水のヤツがけっこうあったのにな。写真は北利根で回収したクランク。基盤リップなので使えそうな感じだ。
嫌な天気だ。雨は朝方までで、昼くらいから晴れ間が出るらしい。雨が降らなくてもマズメは釣れるんだから、朝は晴れてて、やがて曇り、昼に雨が降り出すほうがチャンスが大きい。今回はその逆だ。

風がけっこう吹いているので、本湖、エセハチからスタート。おっ、増水してる。シャローがチャンスかもしれないな。

ちょっとネコを入れてみだが反応がないのでスピナーベイト。やや濁っているからハイアピールがいいんじゃない? と、ズガン! ウッヒョ〜、デケーッ! うっ、バレた!

そんな感じでスピナーベイトで3バラシ。どれも40クラスのグッドサイズ。オレのスピナーベイトも衰えたのう…と思ったが、タックルバランスも関係しているのかもしれん。この日はBSR1551Rにデフバスフロロ14ポンドのベイトフィネスタックル。以前の赤メタよりも遥かに飛ぶので、遠距離でのヒットになった。アワセた時にビヨ〜ンとゴムが伸びたような感覚だったんだよな。近距離はともかく、遠距離戦はバランスを考え直す必要があるかも。

本湖の反応はそれなり。逮捕状に替えて岸際を高速巻きすると、ズガン、ズガンと40クラスが食ってくる。しかし、全部バラシ。うむ、タックルバランスよりも腕が問題のようだ。いつの間にかネコの手になっちまった。今日は巻きの感覚を取り戻すリハビリの日にしよう。

北利根もイマイチだったため与田浦に行ってみる。こちらも濁っているし、水位も上がっている。ここは、さらにアピールを上げたほうが良いか。

ビッグインディアナブレードに替えたノリーズ・ウィンドレンジ5/8ozをキャスト。オダの中からバスを引っ張り出すパワーを秘めたスピナーベイトだ。それをカバー周りに通していく。……。ビュッと魚体がルアーに向かった。ズガガン! ヒット! キャッチ! ロッドも1552に持ち替えたし、ラインもGT-R20ポンド、そうそうバラシてはいられないぜ!

長島川に移動。ここも水はあまり良くないが、水門周りだけにはベイトが沢山いる。僕等の言うバスのなるベイトだ。やってみる価値はある。

コーゾーかデラクーを投げようかとも思ったが、あれで釣れても、あまり面白くない。数をカウントするのも躊躇われるほどだ。ここは逮捕状でいくか。……。プルン。プルン。小さいのがいた。ダンクに替えてみる。ゴン。少し深い所は、少しマシなサイズがいるようだ。
続きへ  2015年の釣り一覧へ  トップへ
デカブレードのスピナベで、カバーから引っ張ったビッグバス。バスがビッグ…ではないかもしれないが、スピナベの波動はビッグだったぜ! 逮捕状でプルンプルン。ちょっと小さすぎる。でも、ここならいると考えたエリアにバスがいたのは嬉しかった。やはりベイトがカギになるな。 ダンクで底を叩いたら…。これでも小ぶりだが、30センチを超えてるのでレギュラーサイズとしておこう。そうでないと小バスばかりになってしまうからね。
inserted by FC2 system