2015.6.13.潮来

ハイシーズンである。こうなると、いつもと違う場所から始めてみたくなる。本湖、それも東浦。前にも同じことをして撃沈したが、今のオレはあの頃のオレとは違う。ネコとツネを使えるようになったからだ。よもや昔と同じ徹は踏むまい。

夜明け前、恋瀬川に到着。バズを、ジッターバグを、カラーブレードのスピナーベイトを。ネコを、ツネを、逮捕状を。綿密に、徹底的に探りを入れていく。

特に水門周り、アシがあり、ゴロタ石があり、ベイトが多数いる場所、ここは絶対に釣れるはずだ。

ルアーが水中でギラリと光り、バスを誘う。そして手元に返ってくる。ひたすら無事に返ってくる。

何も起こらない。この地に魚はいないのか? マズメも終わり、やがて霞ヶ浦大橋が見えてきた。ノーバイトの完全試合である。東浦にまた負けた。

霞ヶ浦大橋を過ぎると、途端に水の色に生気が戻ってきた。アオコも無くなった。しかし、人が多くて、入れる場所がない。やっと、良さそうな空き場所を見つけ、ネコを入れてみる。ポチャッ。トーン。コン。食った。ドババババ。ナイスな46センチをゲットだぜ!
東浦。目に付くポイントを片っ端から撃っていくが反応はない。これは何故なのか。よほど着き場が限られるのかね。すでにアオコも発生しているし、魚の数も少ないのかな。 霞ヶ浦大橋を過ぎると、普通に食うようになってくる。46センチのグッドサイズをゲット。ただ、人は多いね。平日とかに来ればパラダイスかもしれないけど、そんなに仕事を休むわけにもいかないしな。何しろ、6月は北の遠征もあるからネ。

この1匹で本湖の旅を終了し、潮来へ戻ってきた。しかし、北利根は減水中で流れが発生している。こんな時は反応が芳しくない。そこで、与田浦へ。ところが、そこには老化した腹黒い男がいた。

「し…四十肩で…う…腕が…腕が上がりません」。それでも頑張ってキャストするヒサシ。「ァ痛ーッ!」などと叫びながら。もうダメだな、このオッサンは…。
続きへ  2015年の釣り一覧へ  トップへ
老齢になると体のあちこちにガタが出てくる。ただれた生活を続けていれば尚更だ。 それでも、無理やりに食わせるテクニックは凄い。それにしても、僕が撮ると、バスが小さく写るものだな。 僕のテクで食わせられるのはケロケロ。でも、この気持ち悪い色は何とかしてくれ。
inserted by FC2 system