2015.10.3.潮来

黒部川。普段やらないエリアだが、そのポテンシャルはどうか。マズメに頑張ってみれば答えが出よう。
鰻を食べに出かけた。もちろん、ついでに釣りもする。鰻屋の近くの川、黒部川にやってきた。

黒部を選んだのには理由がある。常陸川水門が前日の夜から当日の朝まで開放されているからだ。開放されると流れが出る。すると北利根はイマイチ釣れない。つまりは与田浦狙いになるのだが、このところ与田浦ばかりやっているから、たまには別の場所で、というわけである。

今日の狙いは巻き巻き。まずはジャカゴエリアから入った。スピナーベイトとドライブシャッド、逮捕状を巻きまくる。

ノーバイト。

ダウンショット、ネコも撃つ。場所を変える。水門、護岸、漁港を撃つ。巻く。

ノーバイト。

不安になってくる。水は汚い。この水は許容範囲内なのだろうか? 普段、黒部川をやっていないからよく分からないのだ。これが北利根なら、この水じゃダメだ、与田浦なら、まだまだイケる。そんな風に判断できるのだが……

不安に負けて与田浦に戻ってきた。与田浦も水は汚い。しかし、ここは大丈夫だ。このくらいならまだイケる。

釣れない水路へ行き、スピナーベイトを投げる。ズバーーン! 捨て網の陰からバスがもんどり打って飛び出してきた。

北利根も試しに行く。バイブレーションポイントを巻きまくり。ノーバイト。うむ、ある意味予想通りだ。まだ、減水の影響があって、岸際に寄っていないのだろう。

鰻屋へ向かう。うなせんである。匂いに釣られて腹黒い男もやってきた。美味い鰻を食べた後、ヒサシにサビーナが日本の実業団に入ったと教えてやる。以前、ブログの記事にしていたのを覚えていたからだ。すると、ヤツめ、テンションが上がりまくり。まさか一緒に観戦に行こうと言い出すとは思わなかった。

そして、午後はもう釣りにならない。サビーナ、サビーナ、サビーナである。一応、連れて行かれた水路で小バスをチョビチョビと釣ったが、それでお終い。釣瓶落としの秋の日はむなしく暮れたのだった。
2015年の釣り一覧へ  トップへ
凄い飛び出し方で、その後のファイトも抜群。抜き上げるまでは40アップと思っていたが、残念ながら38ちょいだった。 この鰻に釣られてヒサシまでやってきた。しかし、鰻パワーで午後も頑張ろうかと思っていたが、ヒサシのハイテンションに疲れてしまい、早々に引き上げることになった。まさかサビーナであんなになるとは。 水路に行くと小バスがポンポンと釣れたが、これはあまり面白い釣りではない。何しろコーゾー君だし。
ヒットルアー
ティムコ ハーフスピン3/8oz T ワカサギ 30Up 釣れない水路
OSP HPシャッドテール2.5in DS グリパン 10Up 神水路
OSP HPシャッドテール2.5in DS グリパン 10Up 神水路
viva コーゾースピン1/4oz アユ 10Up 神水路
viva コーゾースピン1/4oz アユ 10Up 神水路
viva コーゾースピン1/4oz アユ 10Up 神水路
viva コーゾースピン1/4oz アユ 10Up 神水路
inserted by FC2 system