2015.10.10.潮来

雨が降らなかった一週間。北利根の水位も安定していて、こういう時は期待が持てる。まずはバイブレーションポイント……うわっ、一杯だ。車が5台もいる。こりゃ無理だ。

夜越川か本湖へ行くか。その途中でヒゲ水門に立ち寄る。とりあえずトップから投げたが反応はなく、ネコで小バスが1匹。カメラを忘れていたから車に取りに戻って、改めてネコで1匹……あっと、バレた。

夜越川は河口にヘラ師、パスして本湖エセハチへ。今日はスピナーベイトを巻きまくってみよう。

下の漁港からアサザ漁港、その上の漁港まで、延々とスピナーベイトで流していく。護岸際、漁港のヘチ、杭、鉄板、アシ際、カバー周り。しかし、何もなし。何だこりゃ。

帰りは逮捕状、ネコ、ダウンショットを織り交ぜてもう一度撃ってみる。ノーヒットノーラン。いや、完全試合だ。アカン。魚がいないのか。

与田浦に戻り、オダを攻めていると腹黒い男が出現。無視して釣りを続けていると、すぐ後ろに車を着けてアクセルを吹かし、シュゴオォォ、シュゴオォォ、と下品な爆音を辺りに響かせる。チッ、迷惑な野郎だ。しかも、この後ボクが行こうとしていた釣れない水路に、先回りしようとしていやがった。
ダウンショットで止めて食わせた。だが、この釣りは釣り堀ならこなせるが、天然フィールドでは難しい。せっかちだからね。

ヒサシが去った後、オダを諦め、釣れない水路に行ってみる。腹黒カーが止まっている。ホントに居やがった。嫌がらせで行くと言ってるだけかと思ったが……。

しかし、この日は反応が悪い。どうやら相当に活性が落ちているようだ。というのは、ヒサシには結構アタリが出ているからだ。同じ場所を攻めて、僕にはノーバイト、ヒサシはアタリ連発。これは食わせの技術の差。ヤツは活性が低くても無理やり口を使わせる技術がある。

しかし困った。止めて放置で何とか1匹食わせたが、これはそうそうできる釣り方じゃない。蕎麦屋で昼飯の後はどうするか。やっぱりスピナーベイトでリアクションかな。

マシンガンキャスト! もっとも得意なスピナーベイト戦略だ。ひたすらに巻いて、巻いて、巻きまくる。

ズバーーン!
ほらきた。うーん、真っ白なバスだな。

ようし、次は千本杭。巻いて、巻いて、うーむ、こない。アピールを上げてやるか。タイフーンの出番だ! ウッ、重い。ライトリグ兼用のBSR1551&フロロ14ポンドではキツイか。

ゴゴン!
うおっ!? きた! デカイ! 50アップか!? スポーーーン! 抜けたァー!

しまった。千載一遇のチャンスを。やはりタックルバランスが悪すぎた。アワセた瞬間に力が伝わっていないのが分かったよ。ああ〜、何てことだ。

秋。デカいスピナーベイトにデカいバスが食ってくる。次回からもタイフーンは外せないな。
2015年の釣り一覧へ  トップへ
久しぶりの蕎麦屋。この生姜焼きセットは間違いなく美味い。ここの食事は潮来へ来る楽しみの一つだ。 台みたいなのの下から出た。やはりスピナベは障害物周りを攻めないとね。 タイフーンに食ってきた場所。あまりに悔しくて写真を撮ってしまったぜ。次回は逃さぬ!
ヒットルアー
OSP ドライブクローラー4.5inネコ スカッパノン 10Up ヒゲ水門
OSP HPシャッドテール2.5in DS グリパン 30Up 釣れない水路
ティムコ ハーフスピン3/8oz T ワカサギ 30Up 釣れない水路
inserted by FC2 system