2015.10.24.潮来

北海道から戻り、少し睡眠をとると、すぐにまた走り出した。潮来へ向かって。CR-Xには前回釣行のタックルがそのまま載っている。それで適当に昼くらいまでやったら、早々に撤収する予定だ。疲れが残っているから。

秋も深まっているので、ベイトの集まるエリアを第一としたい。河口エリア、バイブレーションポイントだ。しかし、先行者の姿。向こうも直前に到着したようである。あと10分早く出て来ていれば…。だが、それは不可能なことだ。今回は出撃できているのも奇跡のようなもの。諦めて北利根のヒゲ水門へ。

ヒゲ水門から鹿島線の下辺りまで。延々とスピナーベイトで流すも反応なし。バイブにも出ない。ネコも。うーむ。外した。北利根エリアがイマイチなのか。

与田浦へ。ここでも河口エリア、釣れない水路だ。同じようにスピナベでシャローを流してズガンと1匹。これで戦略は決まった。千本杭をタイフーンである。前回に千本杭で掛けたビッグフィッシュが忘れられない。夢よ、もう一度、だ。

神の杭、運動公園前などをひたすらタイフーンで巻く。結構な距離を歩いた。だが、水の中は穏やかすぎた。何も起こらなかったのである。

そして、橋の下に来た時、諦めてライトリグを放り込んでみた。ゴゴン! うわっ、一発だ。レギュラーバス。ライトの方がやはり食うのかね。杭をライトで撃つと、ズゴンともう1匹釣れた。

昼は蕎麦屋へ。腹黒い男なバレーボールのチケットを渡すのだ。黒さん、何だか妙に張り切っていて、選手のプロフィールまで頭に入れているようだが、試合を見たいわけじゃなし、すぐに飽きるんじゃないかな。まあカメラの腕はプロカメラマンのゴッチ変酋長よりも上のようなので、後で宮下の写真だけ貰うか。

食後は夜越川に寄って、チョロッと2匹追加したら、すぐに帰りました。夜越の2本、これも最初のスピナーベイトには出ないで、後から試したダウンショットにだけ食ってきたな。まあ、そんなもんでした。今回の釣行は。
2015年の釣り一覧へ  トップへ
水深は40〜50センチくらいか。やはりシャローのスピナーベイトは面白い。 沖の単発の杭に着いていた。与田浦でもあんな場所にいるんだな。 船の際の杭で出た。ちょうど影になっていたので、出ると思ったぜ。狙い通りでグッドだ。
ヒットルアー
ティムコ ハーフスピン3/8oz T ワカサギ 30Up 釣れない水路
OSP HPシャッドテール3.1in DS ワカサギ 30Up 与田浦十二橋駅
OSP HPシャッドテール3.1in DS ワカサギ 30Up 与田浦十二橋駅
OSP ドライブクローラー4.5inネコ スカッパノン 30Up 夜越川
OSP HPシャッドテール2.5in DS グリパン 30Up 夜越川
inserted by FC2 system