2016.4.16.潮来

本格始動の時はきた。いよいよ2016シーズンの開幕である。

5時、水郷に到着。朝マズメ…というか、もう日が出ている。いつの間に季節が進んだのか。

狙っていた場所にはことごとく先行者がいたため、ファーストポイントはバスの成る木。とりあえずここでボーズ逃れをしておこうという算段だ。

早朝なのでフィーディングに出ているヤツがいるだろうと、オダの周りをネコで撃つ。すぐにグン。そしてアワセるとスカ。しかし、ドライブクローラーが裂けていた。うむ、イケる。トルキーに替えてみる。ビューン! フォール中に引ったくられた。竿を持っていかれそうなほどの強烈バイト。驚いた。

グングングングングン。オダの中にグイグイ潜り込む。それをパワーで無理やりに引っ張るとブチュンッ! 切れた……いや、針が伸びた。あれれ!? 神が大丈夫と言っていた針だったのに。

その後はオダ周りでの反応が無くなったため、カバーDSをオダの奥に撃ち込んでチビバス1匹。春爆を期待して水路へと向かった。
水郷到着と同時に日が昇った。夜明けと共に2016年のバスフィッシングが本格的にスタートしたのだ。 小さいバスだけど、朝イチでボーズを免れると、精神的な落ち着きが出てくる。

神水路。すでにバサーがチラリホラリ。その中に腹黒い男もいた。恐ろしいほどに負の障気を振りまいている。釣れていないようだ。ボクもちょっと撃ってみたが、魚がいない感じがする。ここは無理だ。早々に見切りをつけ、今度は北利根に向かう。

北利根川。潮来大橋周りのゴロタから階段護岸にかけてDSで探り、ジャーキングで誘った。反応はない。しかし、一つだけ身にしみて分かったことがある。ジャーキングというのは若者の技なのだと。年老いて、衰えると、ジャークを続けるのは大変だ。特にロングAのような抵抗の強いミノーは。
最初は阿修羅を投げていたが、思う通りに動かせず、途中からロングAに替えてみた。さすがにロングAは簡単にコントロールできたが、手首に掛かる負担は阿修羅の比ではない。長時間ジャーキングを続けるのはきつかった。老いたな…。

夜越川も反応なく、再び与田浦へ戻ってみる。ノグチ周辺。ネコ、DS、スピナーベイト。護岸や杭を一通りチェックするも何もなし。他のバサーに訊いても「魚がいない感じです」。うーん、当初の狙いだった逆浦、常陸利根に行ってみるか。

CR-Xが風になった。鹿島線の鉄橋をくぐり、東関道の高架を抜けて逆浦はもう少しだ。と、ここでフォークのオダが目に入った。ちょっとやって行くか。

カバーDSを撃つ。無反応。風が当たって、水面にさざ波が立って、雰囲気はいいんだけどな。テキサスで奥までブチ込んでみるか。

ファットクローにチェンジ。ズズズズ…と奥まで入る。ゴツゴツ。食った。ドババババ。レギュラーサイズ。

さらに奥を攻め続けると、5回ほどアタリがあって2フィッシュ。型は小さいけど、オダの奥の奥にはいることが分かった。じゃ、吐き出し外のオダもやってみるか。

水路A吐き出し外の大オダ。なんと崩れて、埋まって、もうほとんど目に見えない。スピナーベイトでチェックすると多少は枝が残っていた。そこにテキサスを撃つ。ゴン! フィッシュ! ドババババ。コイツはまあまあのサイズだぜィ!
テキサスで連発。オダの奥の奥を攻めた。風が当たっているエリアのオダの反応がよく、風裏ではテキサスで食わせられなかった。

逆浦へ出た。沈船ポイント、フォークテトラと回っていく。スピナーベイト、バイブレーション、クランクベイトをメインに、テトラの終わりの所とか、アシと水門の複合エリアとかはライトリグでじっくり探ってみる。無反応。どうなってるんだ、これは。オダ以外何にもないじゃん。

時刻はすでに昼時、うなせんへ向かい、美味い鰻を食す。ヒサシもやってきて、鰻重を奢らされてしまった。
逆浦で釣り上げた魚はこれ1匹。アシに引っ掛かっていたのをスピナーベイトで仕留めた。これも1匹と数えていいですか? うなせんの鰻重。最近は他の店で鰻を食べなくなってきちゃった。どうせならここでと思っちゃうからね。

昼食後、与田浦に立ち戻り再びフォークのオダを撃つ。ゴツン。レギュラーサイズ。ナルキに行く。スガン。ビッグバイト。うむ、オダは確実だな。ならば長島川のオダもやってみるか。

長島川のオダ周辺は完全に風が遮られ、鏡のような水面だった。これはあまり良い条件とはいえない。そこでテキサスでなくカバーDS、そのリーダーを短くして、できるだけ奥まで送り込んでやることにした。すると…

ゴキュン! ガガガッ! ズババババーン!
連発。ルアーを変えたり、色を変えたり、動かし方を変えたりと色々やったけどね。サイズはレギュラーだったけど結構満足できました。前は一ヶ所で何匹も食わせるなんてできなかったから、少しは腕が上がってきたのだろう。このままいけば神のように……いや、それは無理か。神なら10匹……いや、20匹……いや、30匹……いや、40匹……いや……
ナルキのビッグバイトはこのカバーの真下。落ちた瞬間にもの凄い重量感のあるバイトが。残念ながらフッキングしなかったけど、風が当たっているこういうカバーはこれからも見逃さないようにしようと思う。 長島川のオダ。ここは無風状態だったのでテキサスではなく、ダウンショットで攻めた。5ヒットで3フィッシュだったけど、全部違うルアー。こうやって変化をつけてやると連発もあるんだな。勉強になりました。
ぱおん 9匹
2016年の釣り一覧へ  トップへ
ヒットルアー
OSP HPシャッドテール2.5in DS グリパン 20Up ナルキ
マルキュー ファットクロー3inテキサス7g Wメロンキャンディ 30Up フォークのオダ
マルキュー ファットクロー3inテキサス7g Wメロンキャンディ 10Up フォークのオダ
マルキュー ファットクロー3inテキサス7g グリパン 10Up フォークのオダ
マルキュー ファットクロー3inテキサス7g Wメロン 30Up 吐き出しのオダ
マルキュー ファットクロー3inテキサス7g Wメロン 30Up フォークのオダ
OSP HPシャッドテール2.5in DS ネオンワカサギ 30Up 長島川のオダ
ケイテック 下院具インパクト2.5in DS アユ 30Up 長島川のオダ
ゲーリー レッグワーム2.5in DS グリパン 30Up 長島川のオダ
inserted by FC2 system