2016.5.14.潮来

今日は東京体育館にバレーボールを観戦に行くため、朝マズメだけの釣り。まずは気になっていたバイブレーションポイントに行ってみる。

うおっ!? 様子が違う。よく釣れた護岸際は全て無くなり、石積みの護岸へと変わっている。ただ、例の巾着袋ではなく、単なる石積みなのは救いだ。この日は全くアタリが無かったが、時期や攻め方によっては大いに期待できよう。また時間のある時にじっくりやってみたい。
バイブレーションポイント。前の巾着袋はそのままに、巾着の無かった所に石が積み上げられていた。今後に期待だが、以前は護岸のエグレに結構バスが着いていたので、ちょっと勿体無くはある。 あとどのくらい乗り続けられるか分からないので、最近はCR-Xの姿を写真に残すことが多くなった。せめてあと10年は乗りたいところだが…

この日はとにかく短時間で結果を出さなければならないので、とりあえず北利根に移動してみた。しかし、水はイマイチ。それでも風が吹いてきたため、一応は探りを入れてみる。アシ周りをスピナーベイト。伝説のハーフスピン。

うーむ。久しぶりに本物伝説の新品を使ったが、違うな、やっぱり。何ちゅう頭の動きだろうか。こりゃ釣れるわな。と、グワッとバスが出た…が、慌てすぎてアワセをミス。そりゃ食い付く前にアワセたら釣れないですな。

しかし、食うヤツがいるのが分かった。ネコでフォロー。アシに引っ掛かったところから沈めて……と、沈める前にゴン! 今度はバッチリ針掛かり。レギュラーサイズ。

一通りピンをチェックした後、ダウンショットのズル引きで範囲を広げて最期の誘い。ラインが沖へ走った。フィッシュ! グッドサイズ!
倒れたアシの上に乗っかった形のネコにゴンときた。スピナーベイトにも反応があったし、この日の活性は悪くなかったようだ。 ネコを1回入れて食わなかった場所でも、DSをズル引きすれば釣れたりする。釣れそうな所は手を変え品を変え、攻め続けるのも必要なようだ。

時刻は6時過ぎ、与田浦、長島川をチェックしながら帰路につくとしよう。帰って、風呂へ入って、着替えて、東京体育館に昼には着かねばならない。何しろ腹黒い男のチケットをボクが預かっているのだ。ボクが遅れて、ヤツが入場できなかったら、何を言われるか分からない。釣れる日のようなのに勿体無いことだ。
ぱおん 2匹

追伸
昼に来ると言っていた腹黒い男は、二日酔いで遅れ、夜になって登場した。
2016年の釣り一覧へ  トップへ
ヒットルアー
OSP ドライブクローラー4.5inネコ モエビ 30Up ヒゲ水門
OSP HPシャッドテール2.5in DS ネオンワカサギ 30Up ヒゲ水門
inserted by FC2 system