2003.9.福山野池

17日 昼過ぎ。ハカイダー1人で野池に出かける。
天気は快晴。まずは、デスアダー ノーシンカーでカバーの奥にスキップさせる。30upをゲット。出だしはまずまず。
ルアーローテし、シェード部分をスピナベ(Dゾーン)で流していく。ゴツン!と強烈な当たりがあり、フッキング。45upのビッグバスをゲット。
その後は反応が無くなったので、対岸に移動した。
草むらの中から、テキサスリグ(パワーホグ)をピッチングで打っていく。見えバス等も反応が良くて、次々にバスをゲットでき、40up1本、30up3本、20up2本をあげた。
一度家に帰り、夕方Jr.達と違う池に出かける。
ラバージグにてすぐに反応があり。かなり強い引きだ。あがってきたら、50upの…ナマズだった。なんてことだ…
Jr.の友達ミヤが、10cmあるかないかの小バスを釣っていた。こんなのも、あまりお目にかかれないかも…
外道がよく釣れる… 手に持っているのはルアーではない。
Jr.はノーバイトだったので、納得できず、夜釣りに出かけるが、結局、ニョロ1匹。バスは釣ることができなかった。

21日 夕方。またもやJr.達と野池に出かける。
Dゾーンで20up3匹、デスアダーで30up1匹、蓮の周りで釣り上げた。
その後、クランクベイトで広範囲を探っていく。と、後ろの草にルアーが引っかかり、とんでもないバックラッシュに…とてもその場では直せないので、リールをチェンジすることに…
対岸に移動し、テキサスリグ(ベビーブラッシュホッグ)で底をズル引く。まず、20upのバスをゲット。続いて、コンッ!とバイトが。フッキング。強烈な引き!とんでもなくデカイ!!何とか足元近くまで寄せる。水面に出てきたバスは、明らかに50up!少し弱らせてからランディングしようと思い、泳がせていると、なんとラインブレイク!さっきまで20ポンドラインを使っていたのに、今は8ポンド…
さっきのバックラッシュのせいだ!
ンガァー!!!
とても立ち直れない…肩を落として家に帰った…

28日 夕方。家族で野池に出かける。風が少しあり、肌寒い感じだった。ハカイダーは蓮周りをハードベイトで流していくが、全く反応が無い。Jr.達にも反応が無い。
ハカイダーのみ対岸に移動する。水中にはかなりの障害物が沈んでいる。そこをテキサスリグ(ベビーブラッシュホッグ)でコンタクトしていくと、ググッとロッドに重みがかかった。
Jr.がニョロを釣る
ん?根掛かりか?
と思いきやラインが動いたので、慌ててフッキング。足元まではあまり引かない。
小バスか? と思っていたら、足元で暴れ出した。42cmのナイスバスをゲット。
その後反応が無く、諦めようかなと思っていたら、少し離れた沖から岸際に向かって、魚が泳いできたように見えた。クリスタルSに結びかえ、キャストしてみた。何も起こらない…何投かしているうちに、コン!と小さなあたりらしきものがあった。フッキング。
あれ?最悪だ。木だったのか? と思ったら、ラインがゆっくり動き出した。バスだ。急に強烈な引き!
デカバスだ!!
やっとの思いで足元まで寄せ、ランディング。50upか?メジャーを当てると、50を切っていたが、49cmのビッグワンだった。
その他はノーフィッシュだった。

ハカイダーの釣果は、40up4本、30up5本、20up6本の合計15本だった。
広島出張所コーナーへ  トップへ
グッドサイズを連発! 魚体もきれいでコンディションの良さが伺える。まさにパラダイス。
inserted by FC2 system