2002.1.12.潮来

2001年 爆釣隊神奈川支部初釣行
本格的な寒さの中、ここ数日暖かい日が続いていたので、急遽、今年の初釣行に出かけることに…
皆様、今年もよろしくお願いします。 土手の草も凍っている… この寒さで果たして釣れるのか
さて、今シーズンの幕開けに選んだのは、ここのところ、ビッグフィッシュの報告が多い「バイブレーションポイント」。今年も、人の釣れた情報頼りなのは相変わらずである。
しかし、暖かい日が続いているとはいえ、土手の草も凍る状況で、ハードルアーに反応はあるのか?
とは言え、このポイントは、ゴロタ地帯が延々と続いており、ワームで探るには広すぎる。
で、いつもの様にまずはバイブレーションでスタート。
上流のアシまで流し、戻ってくると
「フィシュ!!」
との声が。
なんと、エノである。
ロッドがかなりしなり、悪戦苦闘している。
程なくして上がってきたのは37cmながら、体高があり丸々太ったホットなやつであった。
「今日は釣れる気がしたんですよ。」とエノ。
いつもそんな事を言っているような気もするが…。
釣れちゃいました〜
この1匹に刺激され、スピナベ、クランクと投げまくるが、さっぱり反応なし。(いつものパターンです。)その後、オガピー伝説中にテトラ等を探り歩くもぜんぜん反応なし。
仕方なく早めの昼食をとるため、初ジョイフルへ。

満腹になったところで、気分を変えて前川曲松へ。
この時期、人はまだまだ少なく、今日も、他のバスアングラーには出会っていなかったのだがこの時期定番のこのポイントでは、4組ほどがすでに陣取っていた。

そこで、人のいない方へスピナベで流していく。
200m程行ったが反応がないので、今度はバイブレーションに切り替えて戻ってくると、すぐに、ゴンゴンと手応えが!
続きへ  神奈川支部コーナーへ  トップへ
今年も寝ているオガピー 新メニューが登場したジョイフル
inserted by FC2 system